北海道の格安レンタカーを比較

旅行などで移動する場合に自動車で行ける場所であれば問題ありませんが、電車や新幹線、飛行機や船などで行く場合は目的地に着いた後に移動する手段がないと大変なことになります。東京など電車など公共交通機関が発達している地域であれば、観光するさいに移動することもそこまで大変なことではありませんが、駅と駅との距離が長い地域や広大な面積のある地域では自動車がないと不便なものになります。

また、普段から自動車に乗って移動している人の場合にも、電車などで目的地に着いたあと自動車という移動手段がないと、不安になってしまいます。特に北海道などの広大な面積のある地域では、移動するには自動車はとても必要なものであり、あるのとないのではその便利さが違うものになります。そのようなことがあるため自動車はとても重要なものになりますが、自動車以外の移動方法で行った場合には借りる必要が出てきます。しかし、広大な面積のある地域なため一日だけ借りるのでは時間的に足りない場合などもあり、何日か借りる必要が出てくることもあります。

そのため費用が多くかかることになるので、できるだけ安く済ませたいものです。安くすませるためには、格安レンタカーを借りることが重要になりますが、失敗をしないためにもきちんと比較して検討することが大切になります。

まず最初に考えてしまうことが、大手の会社で借りることになりますが、料金は安くはありません。また北海道の夏季シーズンでは、料金が普通の地域よりも割高になるなど、費用が高くなるため安く済ませたい場合には避けた方がいいでしょう。しかし、大手の会社しか空きがないときは選択肢はありませんが、その場合は夏季シーズンは外して行う方が無難になります。

格安のレンタカーを探す場合には、その地域に密着しているものなどを探すことが重要になってきます。しかし格安の場所で借りる場合には、きちんと補償などがついていることを確認してから借りるようにしましょう。自動車を運転しているときに万が一にも事故を起こしてしまった場合には、取り返しがつかないものになるため、その点はきちんと確認することがとても重要になります。また安く借りる方法には早割りというものもあり、一か月以上前など余裕をもって予約しておくことで、割引されるものになります。早割は大手レンタカー会社でも行っているため、大手を利用する際には利用しやすいものになります。

レンタカー比較in北海道!最安値は?

北海道のレンタカーの最安値は、軽クラスで3,500円〜、普通クラスと中大型クラスが3,900円〜、ワゴンクラスが5,000円〜くらいです。

これは旅行予約サイトが提供しているレンタル価格で、レンタカー会社と徹底的に交渉することで実現させている価格です。
また、この価格は免責補償がついている内容なので、安心して走ることができます。
車には自動車保険がかけられていて、相当の損害がなければ、ロードサービス実費や免責補償などの支払いで済ませることができます。免責補償は任意になっている業者もありますが、安全に走るためには免責補償がついていると安心です。
まず最初に、返却時間を確認しておきましょう。レンタル時間を超過してしまうと、超過料金が発生します。返却時間を決めて、余裕を持って返せるプランを立てておきましょう。
次に、借りる店舗と返す店舗を決めておくようにしましょう。通常は借りた営業所にガソリン満タンにして返すことになっていますが、乗り捨て(ワンウェイ)ができる業者だと借りた店舗ではない営業所でも返却することができます。とはいっても、適当な店舗に返したり、道路に乗り捨ててOKというわけではないので注意しましょう。

例えば新千歳空港からレンタルして、旭川まで行って観光を楽しみ、レンタカーを返却して、旭川空港から乗って戻って来るなどということが可能です。
ワンウェイシステムを利用するときには、事前に借りる店舗と返す店舗を決めておくことが大切です。
これをやっておけば、だいたいの価格の目安がつきます。車種のランクや走行距離、エリアによって費用が変わってくるからです。

新千歳空港から旭川空港までならば、だいたい乗り捨て料金がプラス5,000円程度で抑えられます。
軽クラスを借りて乗り捨てても、1万円以内のレンタル料金に抑えられる可能性があります。

最安値を比較するときには、いくつかの業者を同時に比較できるサイトを利用すれば一発で調べることができます。ただし、ハイシーズンだとすぐに予約が埋まってしまい、乗りたい車がとれないことが多いので、なるべく早めに予約しておくようにしましょう。
ちなみに、遠くまで行くのに車は必要ですが、札幌や小樽、函館などの市街地は公共交通機関が発達しているので、歩きかレンタサイクルを利用したほうがスムーズに歩ける可能性が高いです。
この点も考慮してレンタルするようにすれば、旅費を抑えられますよ。

北海道で格安でワンウェイできる業者はどこ?

北海道で格安でワンウェイ(乗り捨て)できる業者を探すには、最安値を比較できるサイトを利用するのが便利です。
利用開始日と返却日、車両タイプ、出発エリア、禁煙or喫煙、ETCの有無を選択すれば、その周辺のレンタカーを検索することができます。
時期によって異なりますが、例えば「10月16〜17日」、車両タイプエコカー、出発エリアを「新千歳空港」、「禁煙」、「ETCなし」という選択肢にすれば「ニッポンレンタカー」が該当します。15,400円で低燃費で走れるハイブリッド車に乗ることができます。

乗り捨て料金は同じエリアまでならかかりませんが、函館営業所なら9,720円、旭川駅前営業所なら5,400円、帯広駅前営業所なら7,560円と変動します。
近くまで行く場合には乗り捨て料金がかからないので、便利です。
遠くまで行く場合には5,000円〜10,000円近く乗り捨て料金が発生しますが、乗り捨てできるとまた帰って来るまでの手間暇がかからないのが便利です。

他にも「タイムズカーレンタル」などがワンウェイ可能ですが、こちらは車種や色の指定ができません。どの車でもいいというのであれば、こちらを利用してみてもいいでしょう。
北海道は広く、観光客が借りるという需要が多いので、乗り捨てに対応しているレンタル業者が多いのが特徴です。
乗り捨ててあとは最寄りの空港から飛行機で帰ったり、札幌に寄ってさらに他の場所に遊びにいくということも可能です。

車種指定できるメリットは、エコカーが選べる点です。長距離を走るためにはガソリン代がかなりかかります。しかもガソリンスタンドがない場所も多く、次の給油所に着くまでにガス欠になって立ち往生してしまうということもあるので、ハイブリッドカーなどを選択できるといいです。

また、今は普通車や軽自動車に乗っているけれども、将来的にハイブリッドカーの購入を考えているので、この機会に気になる車種の乗り心地を試してみたいという人にも適してます。
北海道の旅で気をつけたいのが、寒い時期です。冬は路面が凍結しやすく、視界が雪で覆われて進めなくなってしまうこともあります。なので、冬に強いタイヤか、ワイパーがついているか、なども確認しておきましょう。

しっかり用意しておけば、安く、安全に旅を楽しむことができます。
ちなみに、乗り捨て可能でも返却時にはガソリンを満タンにして返す必要があります。もしくは走行距離によってガソリン代を後払いすることもあります。

北海道のレンタカー料金徹底比較

北海道のレンタカー料金を車種ごとに比較すると、軽クラスが3,500円〜、普通クラスが3,900円〜、中大型クラスが3,900円〜、ワゴンクラスが5,000円〜、が相場です。
北海道は広く、近くにガソリンスタンドが見つからないこともあります。さらに道がわからなくなって迷うということもよくあります。

ガソリンがなくなるまで走って「こんなに走ったら別に追加料金がかかるのでは?」と不安になったというケースもありますが、旅行予約サイトから予約しておけば、どれだけ走っても走行距離によって追加料金が生じるという心配はありません。
ただし、返すときにはガソリンは満タンにして返す必要があります。ガソリン代を節約するにはハイブリッドが適していますが、ハイブリッドは普通車よりも料金が高いケースが多いので、料金的にはあまり変わらないこともあります。

走行距離を見てヒヤヒヤしながらのドライブをしないためにも、予約をしっかりしておくようにしましょう。
おすすめのコースは、新千歳空港を拠点にドライブする方法です。
千歳市と苫小牧市にまたがる空港で、道内の空港でもっとも規模が大きいです。多くの観光客で賑わいます。

新千歳空港から道内の旅行ためにレンタカーを借りる観光客は多く、自由な旅行プランで移動しています。
空港から40分ほど走らせると支笏湖があり、ドライブに最適な距離です。ここは日本有数の美しい湖で、湖のまわりに1,000m超の山々、天然の森などが生い茂っています。また、支笏湖温泉があり、ここに滞在してゆっくり過ごすこともできます。

空港からおよそ30分車を走らせると、北海道箱根牧場があります。ここでは生キャラメルやチーズ造りの体験、乳搾り、乗馬などの他ではできない体験をすることができます。体験プランが豊富なので、家族で出かけると楽しいですよ。

道東まで行って疲れたら、レンタカーを乗り捨てて新千歳空港まで帰ってきて、空港内の空港温泉万葉の湯でゆっくりすることもできます。
空港内に併設になっているので、飛行機の離発着の待ち時間を使って利用することができます。

1日普通クラスを借りるのであれば、10,000円〜15,000円が相場です、乗り捨てる場合には別に追加料金がかかります。車種によっては7,600円という格安の車もあるので、走ることさえできればOKという人ならこれでもいいでしょう。禁煙者指定も多いので、タバコのニオイが気になる人も安心して乗れます。”

北海道で利用したいレンタカー業者は?

北海道を旅行するときには、車を借りるのと便利です。北海道は人口密度も少なく、人が住んでいない地域が多くなります。すると、鉄道が走っていない地域も多くなります。実際、JRになる前後にかなり多くの路線が廃止になっており、レールのみが残されていることもあります。道内は、鉄道だけだと観光をするのには限界があるのです。しかも、度尾内の多くの観光地は自然にまつわる場所ですので、車が必要になることが理解できるでしょう。ただ、本州から自家用車を運んでくる場合は、フェリーに乗せないと行けませんが、青森から函館を車を載せて往復するとそれだけで2万8千円以上とられてしまいます。

レンタカーを借りる場合には、多くの車種は3日借りても2万8千円未満で借りることができることを考えるならば、道内に入ってから車を借りる方法が一番無駄のない方法と言うことが分かるのではないでしょうか。
では、レンタカーを借りる場合、それぞれの会社の特徴はどのようなものでしょうか。それぞれ比較をしてみました。
まず、タイムズです。かつてはマツダの会社でしたが、名前が変更になりました。最近は車種もマツダ以外が増えており、外車も借りることができるようになっています。

タイムズは、補償がフル装備の状態で1日以上借りる場合は他社に比べて安いのが特徴です。ただ、6時間未満の利用の場合には、他社の方が安くなることがあります。そういう点からは、1日以上借りる時にはタイムズを利用するのがいいでしょう。ウェブから予約をすると、なんと20パーセントオフになりますので、お得です。
次にオリックスです。この会社の特徴を一言で言えば、とにかく車種が多いことです。日本車は当然そろっていますし、外車も有名どころはほとんどそろっています。会員になれば、ウェブからの予約で10パーセントオフになるのも特徴です。

3つ目は、日産です。名前から考えてわかる通り、日産の車が多くなっています。日産の現行の車ならほぼどの車でも借りることができます。ただし、人気車種は借りることができないことがありますので,早めの予約が必要になります。会員になると10パーセントオフになります。

4つ目は、ニッポンレンタカーです。この会社は、24時間営業ですので、いつでも車を返すことができますので便利です。他の会社から車を借りて返却する時間を気にするならば、24時間返却や借りることができるこの会社にすると良いでしょう。ただし、深夜料金が1,080円ほどかかる点は注意が必要です。