北海道のレンタカー料金徹底比較

北海道のレンタカー料金を車種ごとに比較すると、軽クラスが3,500円〜、普通クラスが3,900円〜、中大型クラスが3,900円〜、ワゴンクラスが5,000円〜、が相場です。
北海道は広く、近くにガソリンスタンドが見つからないこともあります。さらに道がわからなくなって迷うということもよくあります。

ガソリンがなくなるまで走って「こんなに走ったら別に追加料金がかかるのでは?」と不安になったというケースもありますが、旅行予約サイトから予約しておけば、どれだけ走っても走行距離によって追加料金が生じるという心配はありません。
ただし、返すときにはガソリンは満タンにして返す必要があります。ガソリン代を節約するにはハイブリッドが適していますが、ハイブリッドは普通車よりも料金が高いケースが多いので、料金的にはあまり変わらないこともあります。

走行距離を見てヒヤヒヤしながらのドライブをしないためにも、予約をしっかりしておくようにしましょう。
おすすめのコースは、新千歳空港を拠点にドライブする方法です。
千歳市と苫小牧市にまたがる空港で、道内の空港でもっとも規模が大きいです。多くの観光客で賑わいます。

新千歳空港から道内の旅行ためにレンタカーを借りる観光客は多く、自由な旅行プランで移動しています。
空港から40分ほど走らせると支笏湖があり、ドライブに最適な距離です。ここは日本有数の美しい湖で、湖のまわりに1,000m超の山々、天然の森などが生い茂っています。また、支笏湖温泉があり、ここに滞在してゆっくり過ごすこともできます。

空港からおよそ30分車を走らせると、北海道箱根牧場があります。ここでは生キャラメルやチーズ造りの体験、乳搾り、乗馬などの他ではできない体験をすることができます。体験プランが豊富なので、家族で出かけると楽しいですよ。

道東まで行って疲れたら、レンタカーを乗り捨てて新千歳空港まで帰ってきて、空港内の空港温泉万葉の湯でゆっくりすることもできます。
空港内に併設になっているので、飛行機の離発着の待ち時間を使って利用することができます。

1日普通クラスを借りるのであれば、10,000円〜15,000円が相場です、乗り捨てる場合には別に追加料金がかかります。車種によっては7,600円という格安の車もあるので、走ることさえできればOKという人ならこれでもいいでしょう。禁煙者指定も多いので、タバコのニオイが気になる人も安心して乗れます。”