北海道でレンタカーを利用して良かった三つのポイント

大きめの排気量を選択

レンタカーを借りるときには料金が安いからという理由で軽自動車やコンパクトカーを選ぶというのが一般的です。人数が多い場合には排気量の大きな車を選ぶ場合もありますが、排気量が大きいと高くなるので小さめで良いと考えてしまいがちになります。しかし、北海道では排気量が大きめのものを選択するのが賢明です。

価格で比較すると高いのは確かですが、それ以上に快適なドライブができるというメリットがあります。北海道では走行距離が長くなりやすいので排気量が大きくて車体が安定していた方が疲れません。

また、少し離れた観光スポットに行こうとすると上り下りも多い道を走ることがよくあるので排気量が大きい方が運転しやすいと行ってみるとわかります。

空港を拠点にした旅行プラン

北海道でどこでレンタカーを借りるかというのも問題の一つになりますが、比較してみると空港で借りるのが最も便利という印象があります。シャトルバスなどを利用して街中に出てきてからレンタカーを探すと意外に時間を使ってしまうからです。

空港にはいくつものレンタカー会社があって価格やサービスの比較を予めして予約をとっておくことができます。

旅行プランもそれに合わせておくと良く、必ずしも到着したらホテルに向かうというプランを立てる必要はありません。

空港に到着したらレンタカーで観光をして、満足してからホテルへ向かえば良いのです。空港でのレンタカーサービスが充実しているからこそ空港を拠点にしたプランを立てるのが適しています。

ハイブリッド車を選択

最近になってよく理解できたのが北海道では燃費の良い車を選んだ方が良いということです。札幌市内を観光するといった形で限られたエリアだけを観光する場合にはどの車でも構いませんが、都市から都市へと移動したり、自然の中をドライブしたりしようと考えているならハイブリッド車を選ぶと安くなります。

レンタカー本体のレンタル料金だけを比較すると割高になりますが、北海道では距離を走行することになりがちなのでガソリンの消費量が大きくなることを念頭に置かなければなりません。

数日に一回は給油する必要が生じるので、ハイブリッド車を選ぶと総じて見ると安上がりになる場合もあるのです。広くドライブしたときにはこのお陰でガソリンスタンドを探すストレスも少なくて良い旅行になりました。

Follow me!